プライムデーのギフト券キャンペーンがアツい!

プライム会員なら確実にお得なキャンペーン

熊本人吉への子連れ旅行 九州3泊4日旅行前編 かかった費用や旅程などの明細

2018年4月、幼稚園の春休みに合わせて、3泊4日で鹿児島と熊本県人吉市への旅行に行ってきました。

人吉市に妻の祖母が住んでいて、約3年ぶりに孫の顔を見せに行くのが主な目的の旅行。

名古屋から鹿児島空港へジェットスターで移動し、レンタカーで人吉まで移動し、その後は人吉観光&鹿児島観光という感じの旅行でした。

今回のテーマは「無駄なものを可能な限り減らしての旅行」

これまではスマホ充電器とかにだいぶ余裕を持たせたりしてて、電子機器が重かったりしたんだけど、今回はそういうのを可能な限り減らし、できるだけ荷物を軽くすることに挑戦してみました。

旅行時の荷物や役に立ったもの

カバンは、機内持ち込みができる最強バックパック&それの小サイズ。旅行はとにかくこれが最強に便利でした。

あとは、新しく買ったAnkerの「モバイルバッテリー兼コンセントから充電できるやつ」

こいつをコンセントに挿してケーブルを繋げば、ここからUSB充電できる上にこいつ単体でもバッテリーになるという天才アイテム。

前から気になってたやつですが、旅行時には圧倒的に便利で買ってよかったと思えるもの。荷物も減るしごちゃごちゃしないし、色々いいこと尽くし。

詳しくはこちら。

中部国際空港から鹿児島空港へ移動

中部国際空港から鹿児島までは、ジェットスターで移動。

スカイチケットで一番安いチケットを探しました。

3人で往復43780 円で、合計するとそれなりのお値段に見えますが、片道1人あたり約7300円の計算。(行きと帰りで多少料金が違う。また、3歳の子供もすでに普通に航空券代がかかりました)

ANAでも、55日前までにチケットを買えば安いのがあった(大人1人片道1.1万円、合計約6万円)んですが、朝5時半くらいに家を出ないといけないという飛行機になってしまうので流石にそれはやめました。

スカイチケットみたいな航空券料金比較サイトは、こういうのをサクッと比較出来るのがすごく便利です。

17:25 〜18:50 までのフライト(鹿児島の火山灰の影響で飛行機の出発は少し遅れた)

中部国際空港で暇つぶし&機内で食べる晩御飯を購入

飛行機が17時半出発とかっていう遅い便で、当日の朝から旅行の準備をしていたんですが、3歳の息子が旅行が楽しみすぎて「もう家を出よう、出発しよう」を連発。

なんとか宥めすかして時間を稼いでいたんですが、流石に限界がきて13時過ぎに家を出発。

空港には出発の3時間前、14時半ごろに到着しました。

仕方ないんで、展望デッキで飛行機を見たり空港内のポケモンセンターに連れてったりなどして時間を潰してました。

飛行機に乗ってる時間が17時半から19時くらいであるため、空港でお弁当を買って機内でお弁当を食べる計画で、お弁当も色々探索。

保安検査(手荷物検査)を過ぎてからもWi-Fiや電源はありますが、お菓子やご飯は選択肢が大変少ないので、事前に買っておくのがオススメです。

今回は、3人でおにぎり3個550円と、矢場とんのカツサンド864円を購入。

ちなみに、国内線であればお弁当は持込が可能です(気になったので購入時にそれぞれお店で確認した)

カツサンドはまぁ矢場とんブランドなだけで、リピートはないかな、って感じのもの。

ウェブチェックインを済ませておくと大変便利

ちなみに今回は、あらかじめ家を出る前に、ウェブチェックインを済ませておきました。(ジェットスター利用)

ウェブチェックインを済ませていて、預け入れの手荷物がない場合には、直接空港の保安検査場に向かえばオッケーなので、空港での手続きなどがものすごく楽チンで、けっこうな時間の節約になります。

そういう意味でも預け入れの手荷物をなくすのは重要だと思います。

旅行用には「機内持ち込み可能なカバン」を用意しておくのがオススメ。

ちなみに今回の旅行は、ちょうど鹿児島の霧島での噴火が起き始めた頃で、出発時には「引き返す可能性があります」という警告がありましたが、無事に着陸できました。(ANAのデータでは、国内線の飛行機が引き返す確率は0.1%以下であることが多い)

参考:安全・運航情報│ANAグループ企業情報
小ネタですが、飛行機の翼の隣は13番あたりで、機内からの雰囲気ある空の写真を撮るには、座席指定可能ならばその前後の席が向いてます。

空港からレンタカーで移動(安い!)

鹿児島空港に到着後、レンタカー会社に連絡をして、空港からバスでレンタカー会社へ移動。

楽天トラベルでの「ホテル予約セット割引」みたいなのを利用してレンタカーを借りました。

レンタカー宿泊・ホテルとセット予約なら【楽天トラベル】

これが実に便利で、お安く利用できて、最近レンタカーを借りる可能性があるときは「1泊だけでも楽天トラベルを使う」ようにしています。

このレンタカー割引は、チェックインする日の7日前からチェックアウトする日の7日後までの間であれば好きな期間でレンタカーの予約ができると言うのが大変すばらしいです。

今回は24時間借りて(鹿児島空港で借りて鹿児島中央駅への乗り捨てプラン)、基本料金5200円+ジュニアシート540円がクーポンで1000円オフになって、4740円。

5000円以下で丸1日レンタカーが借りられました。

桃李温泉 季の杜 石庭

レンタカーを借りて向かったのは熊本の人吉(妻の母方の祖父母が住んでる)

温泉ならこの宿がいいよ、と教えてもらったのがこの「桃李温泉 季の杜 石庭」というところ。

まぁ何と言っても古い宿で、ここ曲がるの!?みたいな道を入っていって、さらに最後はすごい坂を上って到着。

建物自体もだいぶ古くてぼろいです(一応最低限のリフォームっぽいのはある)

設備的にも、飲み物の自販機が入り口にあるけど、それ以外、決まったご飯以外では何も食べられないし、一番近くのコンビニは、暗闇を歩いて800m先のところにあるという場所。

ただ、温泉はとにかくすごかったです。

夜に入った風呂が神がかっていて、浴槽にせり出している桜がライトアップで超美しい。

それをゆっくり眺めながら、誰もいない温泉を1人で満喫。

設備自体はすごくぼろいんだけど、木と石に囲まれて、川の流れの音が聴こえて、自然が満喫できる温泉。

いい温泉求めるならホントに最高です。

季の杜 石庭


また、翌日の朝食も派手さはないもののどれも美味しく、久しぶりに朝からお米を2杯以上食べてしまいました。

食事は各部屋に「食事専用の部屋」が用意されており、そこで食事をいただく、という仕組みも面白いものでした。

球磨川を眺めながらの豪華な朝食。

うなぎのうえむらで肉厚豪華うな重

朝に旅館をチェックアウトし、妻の祖父母の顔を見て、その後連れて行ってもらったのが「上村うなぎ屋」という熊本人吉で超有名なうなぎ屋。

平日の11時半に訪れたらギリギリ並ばずに入れたけど、以降10人以上の行列が途絶えずに続いてました。

とんでもなく肉厚なうなぎがパリッと焼きあがってて、今まで食べたことがあるうなぎとは異次元のレベルの食べ応え。

うな重並で2900円(肝吸い付けると4000円オーバー)と、それなりのお値段はしますが、このうなぎならそのくらいの値段でも安いと感じるくらい。

タレがかかってなくて、最初味が薄いまま食べてもったいない思いしたり、山椒も食べ終わる頃に見つけたり(たまたま囲炉裏がついた小上がりに案内されて調味料が別棚にあった)吸い物は驚くほどに全然美味しくないとか、もったいない要素もありましたが、驚くほどにすごいうなぎです。

ちなみに、後で調べたら、鰻重と鰻丼では蒲焼の大きさが違いそうで、うな重を頼んだおかげでこの極厚うなぎを食べることができたみたいです。

人吉SL

続いての熊本県人吉では、鉄道系の方々の間では超有名らしい「人吉のSL号」を見学に。

九州って全般的に「娯楽としての鉄道」を採用している地域、路線が多く、熊本から人吉の間は定期的に「本物のSL」が走っています。

そして、SLが熊本に向けて引き返すのがこの人吉駅。

「レンガ作りの駅舎」が現存している貴重な場所で、さらに転車台というものでSLが「反対方向に向きを変える」様子を生で眺めることができるエリアもあります。

また、人吉駅のエリアにある人吉鉄道ミュージアムMOZOCAでも、100円で「電車」に乗ることができたりして、子供向けの娯楽も盛りだくさん。

子供は圧倒的に鉄道ミュージアムの方が楽しかったみたいですが、生のSLの大きさ、煙などは想定以上の凄いもので、大人でもかなり楽しめる場所だと思います。

鹿児島晩ご飯 竹よし 本店

2日目は、人吉を出発して車で鹿児島に戻ります。レンタカーを返して晩御飯は「竹よし 本店」へ。

結婚前(6年前)に鹿児島に行った時に立ち寄った店。

安くて美味しくて気に入って、当時2日連続で行ったところです。

お店が移転しつつも、まだ営業してるみたいなので懐かしさ込めて再訪問してみたんですが、まぁ正直「次回はいいか」って感じ。

出てくるものは全部おいしかったんだけど、18時過ぎの早め訪問が良くなかったのか、ほとんどの料理が全然出てきませんでした。

焼き鳥など、注文まとめてから火を入れて作ってた感じがします。

間違いなく安くて美味しかったんだけど、料理出てくるの遅すぎ流のが全てを台無しにしてしまい、まぁ再訪はないよね、って感じで終わってしまいました。

ちょっと残念。

ホテル レクストン鹿児島

鹿児島では、ホテル レクストン鹿児島というホテルに泊まりました(楽天トラベル利用)

親子3人で泊まれるツインのホテルを探していて、今回の決め手になったのは客室が一番広いホテルだったこと。

子連れ旅行だと、子供が早くに寝てしまうので、その後は二人で外出もできず、そのまま部屋を暗くして過ごすことが多いんですが、そういう時に部屋が広いかどうかというのは結構重要な要素。

それ以外にも、女性にはホテルの岩盤浴無料券が付き、男性にはホテル内のサウナ付きの大浴場が利用可能になるなど、リラクゼーション系も割と充実。

鹿児島繁華街の天文館エリアも徒歩数分で行ける、満足度の高いホテルでした。

ホテル・レクストン鹿児島