無料体験で最大3000ポイント

Amazonオーディブルの無料体験登録で最大3000ポイントもらえる得しかないキャンペーン中!

ジェットスター オンラインチェックインの手順 2018 ウォレットアプリ対応版

ジェットスターでオンラインチェックインをすませると、iPhoneの「ウォレットアプリ」(昔Passbookと呼ばれていたアプリ)で搭乗券の表示ができるようになります。

1台の端末で複数の搭乗券の表示も可能で、家族旅行などでもなかなかに便利なので、ウェブチェックイン→モバイル搭乗券で搭乗、までの手順を紹介します。

ジェットスターアプリからオンラインチェックインを済ませる

オンラインチェックインをする際に便利なのは、ジェットスターのアプリを使うこと。

Webブラウザからのチェックインも可能ですが、アプリを入れておいた方が完全に便利なので、まずはアプリのインストールをオススメします。(航空券を申し込む際にジェットスターのアカウントを作っておく必要あり)

ジェットスター
価格: 0円(2018/04/02 15:19)

アプリを起動してログインすると、チェックインが可能な場合には最初の画面をウェブチェックイン用の画面が表示されます。

基本的にやることは「確認」だけなので、順番に「次へ」を押していけばオーケー。

最後に、危険物持ち込みません、のおやくそくを終えたら、登録したメールアドレス宛に搭乗券のリンクが書かれたメールが届きます。

届いたメールの「モバイル搭乗券を保存」を押した後の画面で「追加」ボタンを押せば「ウォレット」アプリへの保存完了。

ウォレットアプリを開くと、こんな風にチケットが表示されます。

あとは、保安検査(手荷物の検査)や搭乗口でiPhoneの搭乗券画面(QRコードが表示されてるもの)を見せればオーケー。

1台のiPhoneで複数人分の搭乗券としても使えるのが便利なところ(順番に画面を見せていく)

空港の職員の人々も慣れてるので、画面表示させてiPhoneを渡せば全員分ちゃんと確認してくれると思います。

ちなみに、ウォレットアプリを使わなくても、ジェットスターのアプリからも搭乗券の表示は可能です(オンラインチェックインを済ませてしばらくすると出てくる)

チェックイン後しばらく出てこなかったので、あれ?アプリから搭乗券表示できなくなったかな?って思ってウォレットに登録しましたが、アプリの方が完全に手数が少なくて楽なので、こっちの方がオススメです

ウォレットのメリットは、メール転送して他の人のスマホでも使えるところかな、と思います。(ただ、飛行機旅行なら結局大抵は空港に一度集まってから移動する気もする)

ジェットスター
価格: 0円(2018/04/02 15:19)